クレジットカードを作る場所・どこに行けば作れるのか

クレジットカードを作成したいと考えていても、クレジットカードを作るのが初めてという人は「どこでどのように作成できるのか分からない」という人も多いでしょう。そこで、クレジットカードを作るにはどのような手順を踏むのか、どこに行けば作れるのかについて、詳しく紹介します。初めてクレジットカードを作成したいと考えている人は、作り方や作れる場所を確認し、スムーズにクレジットカードの申し込みを行いましょう。

クレジットカードを作れる場所

クレジットカードを作れる場所は主に4つあります。1つ目がインターネット申し込みをする方法です。クレジットカードを作成する際に最も簡単な方法であり、基本的にはスマートフォンやパソコンを使って申し込みを行います。自分が作成したいクレジットカード会社のインターネットサイトにアクセスすれば、基本的にどのクレジットカード会社でも入会ページが用意されているでしょう。氏名や住所など入力項目に正しく情報を入力するだけでクレジットカードに申し込めます。
2つ目が店頭でクレジットカードの申し込みをする方法です。インターネットサイトからクレジットカードの申し込みを行うことはセキュリティ面で不安があるという人は、店頭でクレジットカードの申し込みを行いましょう。スーパーやデパート、ディスカウントストアなどでは、提携しているクレジット会社のスタッフが常駐しているケースもあります。スタッフに対して、クレジットカード申し込みたいと声をかけば簡単にカードの申し込みができるでしょう。
3つ目が入会用紙を使用して申し込む方法です。ファミリーレストランや小売店などにクレジットカードの入会申し込み用紙が設置されているため、ペンで記入をして郵送する形でクレジットカードを申し込みます。ただし、最もアナログな方法であり、申し込みをできるクレジットカード会社の選択肢も少ないため、他の方法を選択した方が賢明でしょう。
4つ目が銀行に足を運んでクレジットカードを申し込む方法です。三井住友VISAカードなどが有名であり、メガバンクだけではなく地方銀行でも独自でクレジットカードの発行を行っています。特に、社会人になる人は、口座開設をするタイミングでクレジットカードも同時に作るとスムーズに申し込みも行えるでしょう。

ネットでクレジットカードを申し込むメリットとデメリット

ネットでクレジットカードを申し込むメリットは、クレジットカードブランドやカードそのものの特典を比べやすいこと、インターネット申し込み限定のキャンペーンが適用されることが特徴です。さらに、インターネット限定の高還元クレジットカードが存在すること、審査が早く審査がスムーズで申し込みも楽であることなどが挙げられます。インターネットでクレジットカードを申し込む場合にはクレジットカードの選択肢も広がり、時間も十分にあるため、クレジットカードへの検討や比較をしやすいことが最大のメリットでしょう。
銀行や店頭で申し込みをする場合には、気になるクレジットカードの説明を聞いた後、他のカードと比較することは難しいといえます。インターネットで申し込みをするのであれば、気になるクレジットカードを保存しておき、他のカードの情報と比較してゆっくり選択することが可能です。加えて、店頭で申し込みをする際にはクレジットカード会社のスタッフの勧誘をから勧誘されて申し込みをするケースが非常に多いため、雰囲気に流されてしまい、「本当に他のクレジットカードと比較してポイント還元率が高いのか」といった情報を正確に判断できずに申し込むケースもあります。
インターネット申し込みであれば、雰囲気や営業トークを気にすることなく、自分に最適なカードを冷静に検討・判断できるため、正しい判断をできるでしょう。インターネットで申し込みをする場合のデメリットとしては、申し込みをするにあたって疑問を抱いた場合、その場で解消慰問を解消できないことや、パソコンやスマートフォンの操作に慣れていなければ不安が大きく申し込みを躊躇してしまうことなどが挙げられます。

店頭でクレジットカードを申し込むメリットとデメリット

店頭でクレジットカード申し込むメリットは、審査のハードルが比較的低く、仮のクレジットカードを発行されることがあること、ポイントカード一体型であればクレジットカードの枚数を増やさずに済むこと、店頭でのポイント貯めやすいことや年会費が無料のクレジットカードが多いことなどが挙げられます。店頭でクレジットカード申し込みの場合には、発行元である店舗が「多く決済をしてもらいたい」という販売促進の目的も含まれているため、ターゲットである顧客にできるだけ多く発行させクレジットカードを浸透させようとすることが特徴です。そのため、フリーター、学生、主婦など収入が安定していない、もしくは収入がないという人であっても一定の条件を満たしていれば発行できるカードがあります。
しかし、審査のハードルが低いというだけであり、著しく信用度が低い場合は発行できないため、「銀行系など一般的なクレジットカードと比較すると柔軟であるだけだ」と認識しておきましょう。審査のハードルが低く発行スピードが速いため、店頭でカードを申し込みした際には即日仮のクレジットカードは発行されるケースが多いです。
お店に来店した当日から割引サービスやポイント還元などのサービスを受けられる仮クレジットカードを発行することによって、お店の売り上げを上げることにもつながるため、発行スピードを重視しているのだといえるでしょう。デメリットとしては、他のカードと比較し検討できないことや、店頭のクレジットカードのみなど選択肢が狭いことなどが挙げられます。

クレジットカードはネット申込がメイン

クレジットカードのインターネット広告では「ネット申し込み限定のキャンペーン」など、魅力的なキャッチコピーを目にする機会も多いのではないでしょうか。インターネット申し込みだけではなく店頭限定といったキャンペーンも実施されていますが、インターネットの場合はクレジットカードの会社ごとのキャンペーンを比較して、最も得なカード選択できることも特徴です。ネット申し込みの場合は、店頭に足を運んでクレジットカードの申し込みをするといった面倒な手間のかからず、外出先や自宅でも気軽に申し込めます。
さらに、審査に必要となる申し込みの情報を手書きせず、マウスやキーボードで入力をし、万が一入力間違いをしてもすぐに削除して入力し直せるため、簡単なことも魅力です。また、店舗で仮のクレジットカードは即日発行されるといった場合を除いて、一般的に申し込みの情報はデータとしてクレジットカード会社に送信されるため、審査も早いことがメリットだといえます。店頭申し込みの場合は書類を審査会社に送付する手間もあるため、郵送の時間がかかり、インターネットでの申し込みと比較すると時間がかかる点がデメリットです。申し込みも楽なうえに審査も早いため、現在ではネット申し込みがメインになっているといえるでしょう。