男性向け★就活生が知っておきたい服装のマナー

男性は、黒のリクルートスーツで就活を行います。
リクルートスーツはブラックもしくはダークスーツですが、ビジネススーツとは異なるものであり、マットな質感の黒いスーツを着用することが一般的です。
合わせるシャツは白の無地、折り目がしっかりと付いたシャツを着用します。
白やピンクといった派手な色のシャツやスーツは、マナー違反となるため注意が必要です。
さらに、黒色のシャツも避けます。
全身の色が暗くなり、就活の場所には適さないコーディネートになるでしょう。

また、ジャケットを脱がないことが一般的です。
暑い季節の屋外などでは脱いでも良い場合がありますが、基本的にはジャケットを着用したままになることを、認識しておく必要があります。
ネクタイは柄のないシンプルなデザインと色のものが一般的です。
靴は、黒の紐が付いたものを選び、飾りのある靴は避けることがポイントです。
スーツ選びは比較的簡単ですが、足元にも注意が必要をします。
カジュアルなブーツ、ハイカットや動物の革製の靴は避けることがポイントです。
ブーツなどはリクルートスーツに合わず、コーディネートとしても非常にバランスが悪くなります。
また、靴下の色や素材も意識しなければなりません。
白のコットン素材などは、日常で着用するものであるうえに、スーツには適さない色と素材です。
靴下は、スーツスタイルで着用するものと同様の靴下でも問題はありません。
基本的には、黒を着用するということが大切です。