人気モデル「ローラ」の私服に学ぶお洒落のポイント

ローラさんはモデルとしてティーン雑誌で活躍したのち、タレントとしてバラエティー番組で人気を集めました。
最近はバラエティー番組への露出を控え、CMや雑誌への露出を増やし、モデルとして実力を見せています。
そんなローラさんですが、インスタグラムに投稿される私服がお洒落であるとしてフォロワーから注目を集めているのです。
ローラさんの私服から、トレンドやお洒落のポイントをチェックしてみましょう。

春夏におすすめの爽やかコーデ

GirlsAward Secret guest was me
ウェスト丈のタンクトップと、ハイウエストなキュロットを合わせたコーデです。
タンクトップは胸元が寂しくなりますが、大ぶりのアクセサリーでカバーしているところが非常にお洒落ですね。
大ぶりのアクセサリーが無いという場合には、髪の毛をアップにせず下ろすことでカバーできます。
アウターを羽織ることで、春のコーデにもなるでしょう。

出典:インスタグラム

デニムオンデニムで元気コーデ

I can't decide❗️ では、さんまの塩焼きをお願いしま〜す❗️(^o^)
ローラさんのイメージに合った、元気で爽やかなコーデです。
ロング丈のアウターでも重くならずに着こなせている点がポイントとなっています。
デニムオンデニムはトレンドですが、一般の方がチャレンジするコーデとしては難易度が高いもの。
ポイントは、明るいカラーのデニムを選ぶことです。
デニムを主役にして、トップスやバッグなどのファッション小物はシンプルなデザインのものを取り入れましょう。
アウターを羽織ることが暑い季節であれば、腰に巻いてもお洒落に見えます。

明るいカラーのアイテムを主役にする

Sunny day brunch at my favorite restaurant @republiquela ❤️
ビタミンカラーやビビッドなカラーのアイテムを取り入れたいという方も多いのではないでしょうか。
しかし、コーディネートが難しく躊躇してしまうものです。
ローラさんは、ビビッドカラーのアイテムを主役にするコーデも見事に着こなしています。
足首が出る程度の長さにすることで、足元が重くなりません。
スタイルも良いため、コーディネートはウエストの露出が多いです。
参考にする場合には足元や手首の露出で代用し、ウエストの露出は抑えても良いでしょう。
スニーカーやシンプルなデザインのバッグなど、合わせる小物には色を入れないこともポイントです。
目立つカラーのアイテムを入れたい場合には、ローラさんの様にアイテムを主役にすることを意識すると良いでしょう。
首元にボリュームがあるアイテムを取り入れる場合は、髪をアップにするとコーディネートがまとまります。

Came to Okinawa with my brothers
肌の露出も忘れないことで、透け感も加えます。
下半身に自信がないという場合には、首元の露出を意識することで重くならずにコーディネートができるでしょう。
また、ホワイトのサンダルを合わせると、ソックスの赤が引き立ちます。
ラフにも見えますが、トップスとアウターに柄を入れることによってシンプルになりすぎないコーディネートになっています。
ビタミンカラーは春夏、ビビッドカラーは秋冬に最適です。
シンプルなデザインのアイテムであっても、地味になったりカジュアルになりすぎることなくコーディネートできる点が魅力。
ローラさんの私服を参考に、ビビッドカラーのアイテムを着こなしてみてください。

柄物大人コーデ

Thank you @hiroshi.mikitani for having me in Oakland‼︎It was an amazing game @warriors

パンツとアウターのセットアップは、スタイルを強調しています。
ボリュームのあるパンツには、ヒールのパンプスを合わせる事によって足元が引き締まって見えるのです。
また、脚長効果も期待できるでしょう。
小柄な女性であっても真似できるコーデです。
身長に自信がある場合には、ヒールの高さを抑えても良いでしょう。
モノトーンのアイテムにはビビッドカラーや明るめのカラーのアイテムを合わせると引き立ちます。
それぞれのアイテムを主役にできるコーディネートですね。
柄物のモノトーンアイテムを利用したコーデは、オフィスコーデとしてもおすすめの組み合わせです。

スポーティーなコーデ

I loooooove eating and I also love to work out
品のない印象を与えてしまうヒョウ柄やゼブラ柄も、モノトーンであればお洒落にコーディネートできます。
ローラさんはスパッツに取り入れており、スタイルの良さが強調されていますね。
見せブラもコーディネートに取り入れてしまうことによって、ワンランク上のお洒落さを演出できるでしょう。
ランニングやジムでの運動、ヨガをする場合などは、スパッツにショートパンツを合わせるケースが多いです。
しかし、ショートパンツを合わせないスタイルも徐々に広がりつつあるため、ローラさんの様に柄物スパッツを取り入れ、周囲を差をつけてみても良いでしょう。


まとめ

ローラさんの私服は、そのまま真似をするのであればハードルが高いともいえます。
しかし、コーディネートの方法は非常に参考になるのではないでしょうか。
モノトーンでシンプルなデザインのアイテムは少なく、柄物や派手なカラーを主役にするコーディネートが目立ちます。
合わせ方を間違えてしまうと派手さや品のなさが目立ってしまうコーディネートでもあるため、ローラさんを参考にしてお洒落に着こなしてみてください。