コーヒーを飲むと口臭が気になる!原因と対策は?

朝食に、食後に、様々なシーンで飲まれているコーヒーですが、飲んだ後の口臭が気になる方も多いのではないでしょうか。

なぜコーヒーを飲むと口臭が気になるようになってしまうのか、原因と対策を見てみましょう。


口臭の原因となる成分は?

f:id:mybull:20171225213910j:plain

コーヒーを飲んだ後の口臭、その原因は、コーヒー豆に含まれていたのです。

コーヒーを引いた際に発生する微粒子は、唾液の分泌を抑えてしまいます。

さらに、コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、体内の水分も排出。

唾液が分泌されにくくなる上に、体内が水分不足になり益々唾液の分泌量が減るということですね。

唾液には、口の中に繁殖する菌を洗い流すという効果があります。

唾液が無くなることで、口臭の原因菌を洗い流すことが出来なくなり、口臭が発生するのです。



口腔内や体内の状況が変わる

f:id:mybull:20171225213935j:plain

コーヒーを飲んだ際に、口の中に酸味と苦味を感じますね。

このうち、酸味が口腔内を弱酸性に変化させます。

弱酸性という環境は、細菌が繁殖しやすい状態なのです。

また、コーヒーは胃液の分泌を促進させる効果もあります。

そのため、胃酸過多である場合はゲップなどの症状が出るため口臭に繋がる場合もあります。



口臭を予防する方法は?


f:id:mybull:20171225213953j:plain

口臭の原因になるかも知れないと思っていても、コーヒーを飲みたい時がありますよね。

そんな時には、臭いの発生を予防しながらコーヒーを楽しみましょう。

簡単な方法としては、コーヒーを飲んだ後に、水を飲むこと。水を飲んで、原因の1つである微粒子を流してしまいましょう。

また、ガムを噛むと唾液が分泌されるため、ガムを噛むだけでも口臭予防効果が期待できます。

しかし、コーヒーを飲んだ後に歯磨きをすることが一番の解決策です。

舌についた微粒子もしっかりと磨きおとしましょう。


まとめ

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因は、コーヒー豆の微粒子だったのです。

この微粒子を口腔内から除去することによって、口臭を取り除くことが出来ます。

タバコと一緒にコーヒーを楽しむ方も多いですが、口腔内と肺からの臭いが合わさることで‘口臭’というレベルではなく‘悪臭’となります。

タバコを吸う方は、より注意が必要ですね。

また、唾液の分泌は口臭と深い繋がりがあります。

コーヒーを飲んだ時に限らず、口の中の乾きが気になる方は、日ごろから唾液の分泌量を意識してみてくださいね。