治っている傷跡が痛む理由とは

「以前にケガをしたところ」や「古い傷の痕」は、皮膚の表面は治っているように見えても皮膚の下の組織や筋肉が完治していない場合があります。
血流が悪くなる・筋肉に伸縮が妨げられるなどの理由から、痛むことが多いのです。

寒くなると古傷が痛む

沢山の神経が張り巡らされていますが、寒さや天候悪化などで‘交感神経’が活発になります。‘ノンアドレナリン’という物質が分泌され、痛みを感じる神経が活発になります。
一方で、痛みを感じる神経が活発になり、かつ血行不良となると、神経が刺激されることにより痛みを感じるのです。

怪我の再発

靭帯や関節に怪我を負った場合、完治までに時間もかかりますが再発する可能性も高いのです。
傷を負った部分が痛む場合は再発も考えられるため、異常を感じた場合は病院で診察を受けましょう。


傷が痛むときの対処法①

お風呂に浸かるなど、体を温めましょう。
血行不良による痛みも多いため、血行を良くすることが効果的です。夏場でも、冷房の効いた場所に居ると傷が痛む場合があります。
その様な時にはカイロなどで温めると良いでしょう。

傷が痛むときの対処法②

ストレッチやマッサージで筋肉をほぐします。
セルフマッサージでも効果が得らえる場合もありますが、可能であれば整体などでマッサージを受けることがおすすめです。

まとめ
傷が痛む原因と対策を紹介しました。
靭帯や関節などではない小さな傷跡が痛む場合は、傷跡のことを気にしないという方法も効果的です。
神経が集中してしまい、傷む原因となるのです。
温めたりマッサージをして見ても効果がなく痛みが続く場合には、必ず病院で診察をしてもらいましょう。