物を捨てる判断力

片付けを始め、ものを捨て始めると「捨てる」ということに意識が向いてしまう場合が多いのです。
ものを捨てるという行為が気持ち良いと感じ、必要・不必要の選別が出来なくなります。
そのため、捨てた後に後悔することも多くなってしまうのです。
「保留」の判断をしたものに関しては、数か月検討をしましょう。
そこで捨てるという判断をした場合、後悔をすることは少ないでしょう。
目に付かない場所にしまい込んでしまうと、検討をすることを忘れてしまう場合もあります。
必ず目に付く場所に出しておき、意識をして見てみることがおすすめです。



判断に迷ったら

「片付けの達人」などと称されている方々が行っている言葉には、「1年触れなければ捨てる」「想いがなくなれば捨てる」というものがあります。自身の考え方に合わせて、心に響く言葉を胸に片付けに望むのも良いでしょう。
現実的なポイントは、手に入れることが出来る可能性のあるものは捨て、絶対に手に入れることが出来ないものは残すもしくはしっかりと考えてから処分をするということです。
ものの中には、失ってしまえば二度と手に入れることが出来ないものもあります。
大切なものを誤って処分してしまう事が、正しく良い片付けではありません。
.

片付けたものの場所を決める

片付いた綺麗な部屋の状態をキープするためには、ものの位置を決めておくということがポイントです。
位置が決まっていることで、ものを使用した後に片付けることも簡単になります。
1つの物に対し、その物は何処に収納しておくものであるのか、場所を固定してしまいます。
例えば、夏用のサンダル。
使用する時期には、「玄関のシューズボックスの何段目」「使用し無い時期にはクローゼットの上の段」など、家の中で収納する場所を決めてしまうのです。
元の場所に必ず戻すということを常に意識しておくだけで、片付けの回数が劇的に減少するはずです。
段ボールなどの箱を使用してしまうと、中身を取り出すこともしまうことも難しくなってしまいます。
そのため、箱には詰めずに目に見える場所に置くということも重要な事なのかもしれませんね。
収納スペースに空間がある場合、それはデッドスペースであり非常に勿体ない状態です。
収納するものが何もないのであれば良いのですが、収納場所の確保に困っている場合は、少しの隙間を見つけることも大切です。

片付けが成功するアイテム

捨てるもの、残すものの選別を終えたら、後は残すものを綺麗に収納していくだけです。
残すと決めたものを、綺麗に収納したところで片付けは完了なのです。
片付けに必要なアイテム、片付けが必要な部屋になってしまうことを予防するアイテムを紹介します。

・入っているものが確認出来るアイテム
そこに何がしまってあるのか、何が入っている箱なのかが分からなければ、そのものに触れる機会も減り、次の片付けの際には不用品と化します。
そのため、中に入っているものが何かを一目で確認出来るような収納アイテムを使用しましょう。
小物の収納にはガラス瓶などがおすすめです。
蓋が付いているアイテムであれば、埃が入る心配もなく片付けが上手く行くだけではなく掃除も楽になります。
時期ではない洋服などは、透明の衣装ケースを使用して収納をしましょう。

・押し入れの中も綺麗に収納
押し入れなど、奥行きのある場所にものを収納する際にはキャスターの付いたアイテムを使用します。
季節もののストーブなどは、キャスターが付いた台に乗せて収納することで出し入れも簡単になりますね。女性の方でも力を使わずに出し入れが可能となるため、重いものはキャスター付きのケースに入れ、一番下に収納をしましょう。
洋服などは季節に分けて前後に収納しておくことで、衣替えもスムーズに行うことが出来ます。
また、カラーボックスを入れたり、突っ張り棒などを使用して収納ができる場所を増やしましょう。

片付けの工夫や片付け方法まとめ

散らかってしまった部屋を片付けるという行為自体は、単純に「面倒な作業である」と認識してしまいます。
しかし、スムーズな仕分けを行うだけで、片付けという作業の80%は完了したものと考えて良いでしょう。
後は、パズルのように収納をして行くだけです。
衣装ケースやカラーボックス、突っ張り棒などは、片付けを始める前に用意をしておくことがおすすめです。
よりスムーズに片付けを終えることが出来るはずです。
不要なもの、大切なものをしっかりと見極めて、気持ちの良い仕上がりになる様に頑張りましょう。